本文へジャンプ

アメリカ インターンシップ・就職をご計画なら,アメリカ インターンシップ・就職のダイナフィル


アメリカでのインターンシップや就職のことなら何でもサポート!
アメリカ 海外 インターンシップ・留学・ワーキングホリデーTop > 海外インターンシップ > アメリカ インターンシップ 

アメリカ 有給 インターンシップ
アメリカ インターンシップ





初級者からプロフェッショナルまで,それぞれのレベルに合ったアメリカの仕事現場での職業実践トレーニング アメリカ インターンシップ 有給
アメリカ有給インターンシップは,J-1というビザを使った国務省(Department of State)公認の研修プログラムで,現役の大学・短大・専門学校生から既に何年もキャリア経験があるプロフェッショナルの方まで,幅広くご参加いただけます。

アメリカでのインターンシップ・プログラムでは,研修とはいえ,インターンとして実際の企業での仕事そのものを担当することになります。

世界一のビジネス大国・アメリカで職業経験を積むことになりますので,プログラム終了時には人材としての魅力・市場価値が高まり,インターンシップ前では手が届き難かった業界・企業・職種のポジションにもチャレンジできるようになります。

アメリカでのインターンシップに参加するということは,稀少で実践的かつ有意義な体験を得るということを意味しますので,企業の人事採用担当者からも評価される傾向にあり,その後の就職・転職活動をとても有利に展開することが可能になります。又,『これまでの学歴・職歴の延長線上』で次の仕事を決める必要がなくなりますので,キャリア選択肢は大きく広がります。

アメリカ政府公認のプログラムだから,インターン先企業=ホストカンパニーの数・種類が豊富
アメリカのインターンシップ・プログラムは,そもそもアメリカ政府がその国際的な環境におけるビジネス・ノウハウや商習慣を国外からのインターン生達に体験してもらって世界中に広めるという『文化交流』目的で設置した公けの制度ですので,あらゆる企業が採用する側の立場で積極的にプログラムに参加できるようになっており,インターン候補者一人一人の人材スペックやキャリアニーズに合った業種・職種でのポジションを提供しています。

インターン先のホストカンパニーの多くは,インターンシップを新たな人材採用手段として考えており,インターンシップ終了後に就労ビザのスポンサー意思を持っています。

アメリカ インターンシップ 有給
アメリカ有給インターンシップの期間は?
アメリカでの有給インターンシップは,通常1年又は1年半の期間で行って頂けます。

アメリカ有給インターンシップに参加するのに必要な英語力は?
アメリカでの有給インターンシップは基本的な日常会話がある程度できるレベルの語学力が求められますが,積極的にコミュニケーションをする気持ちさえあれば,英語初級者の方でもご参加が可能です。

アメリカ有給インターンシップへのご参加までの流れ
アメリカ有給インターンシップは,実際に職務をこなしながら経験を積み,報酬も得られるプログラムですので,通常の就職・転職とイコールのキャリア活動に他なりません。ダイナフィルでは全てのプログラム参加希望の方に,先ず履歴書,職務経歴書とご希望条件をご連絡頂いてから,複数ある現地プレースメント会社と連携をして無料査定を行い,マッチング可能性のある企業ポジションをサーチして情報をご提供いたします。そしてそこから見出せるキャリアの方向性にご満足頂けた場合にのみ,プログラムへの正式参加のお申し込みを受け付けております。


ダイナフィル留学・キャリア支援サービスでは,アメリカ有給インターンシップを熟知するエキスパートやネイティブの担当スタッフが,お客様一人一人のご希望に合ったアメリカでの仕事体験プログラムとキャリア形成をサポートいたします。どうぞお気軽にご相談下さい。


                     









カウンセリング予約
資料請求
メール相談

お問い合せ



| 個人情報保護 | 採用情報 | 会社概要 | 申込書・サービス約款 | なぜ無料? | 海外留学·ワーホリQ & A |
Copyright © Dynaphil Group, Inc. All Rights Reserved.

 江戸川橋 神楽坂 飯田橋 早稲田 英会話スクール 英語教室 英会話レッスン