本文へジャンプ

コミュニティカレッジ 大学留学をご計画なら,コミュニティカレッジ 大学留学のダイナフィル


留学,インターンシップ,ワーキングホリデー,海外生活のことなら何でもサポート!
アメリカ 海外 インターンシップ・留学・ワーキングホリデーTop > 大学・コミュニティカレッジ(短期大学)留学

大学 コミュニティカレッジ 留学

アメリカ 大学 コミュニティカレッジ 留学



海外の大学やコミュニティカレッジ(短期大学)に留学するのは,今の国際化社会ではごく自然な選択肢の一つです。 外国語の習得は勿論のこと,やりたいことを存分に学べる世界標準の教育や,日本では難しいことにチャレンジできる環境が,あなたを待っています。

ダイナフィルでは留学を希望される方一人一人の留学目的,将来やりたい事,語学力・資金等について共に考え,お持ちの可能性が最大限に広がるようにカウンセリングをご提供します。

TOEFL免除で入学できる優れたコミュニティカレッジ・大学プログラムも数多く存在します。コミュニティカレッジで取った単位で大学への編入も可能です。

日本で行きたい学校が見つからない,自分が何を学んだらいいか分からない,そんな方も是非ご相談下さい。海外のコミュニティカレッジや大学を熟知する担当カウンセラーが,行き先選びから帰国後のキャリア実現まで丁寧にサポートいたします。



大学 コミュニティカレッジ 留学





アメリカ 大学 コミュニティカレッジ 留学

アメリカ 大学 コミュニティカレッジ 留学  アメリカ大学留学をご検討中の方に朗報!  アメリカ 大学 コミュニティカレッジ 留学
なんと年間わずか100万円の留学費用(食費・寮費も込み)でアメリカ大学進学を実現できるという画期的な米国大学スカラーシップ協会プログラムのご案内をスタートいたしました!返済不要の奨学金(年間約100万円×4年間・無担保・保証人等も一切なし)が,どなたにでも比較的簡単に給付される制度です。もし途中で転校・休退学された場合でも,それまでの給付分は返還する必要がありませんので,安心してチャレンジできます!当プログラムはアメリカ特有の豊富な寄付金という財源と,日本人生徒を招待してキャンパスを国際化し,現地の生徒達にとっての教育効果も上げたいという学校側の理念があって成り立っています。ダイナフィルは同協会プログラムの正規指定代理店ですので,ご興味のある方は是非一度ご連絡下さい!詳細資料にてご説明させて頂きます。

【アメリカ留学奨学金】米国大学スカラーシップ協会(American Collegiate Scholarship Association)日本語版・公式ホームページ

                     




海外進学の利点


短大 大学留学短大 大学留学短大 大学留学短大 大学留学


海外 コミュニティカレッジ 大学 留学

海外の大学やコミュニティカレッジに留学するには,三つの方法があります。
直接入学
高校を卒業後に,直接海外の大学・コミュニティカレッジへ留学する。現地の学生と同等の学力・その他条件をクリアする必要があるが,掛かる時間や費用から考えると最も効率的なやり方。多くの学校が留学生にTOEFL等の語学力テストで一定のラインをクリアすることを要求するが,中には語学力テストなしで入学を許可する学校もある。

現地のコミュニティカレッジで二年間勉強した後に,大学に編入して学士号を取得する留学スタイルもあり。又,日本の短大・大学で取得した単位を使って海外の大学に入学し,少ない単位数で卒業できるケースも多い。
条件付入学
直接入学したいけど語学力が足りない,そんな留学生の為に設けられた制度。行きたいコミュニティカレッジや大学と提携している語学学校で英語コースを受講することで入学資格を得ることができる。語学学校によっては,周辺地域にある複数のコミュニティカレッジ・大学と提携しているので,その場合は進学先の選択肢も増える。
現地の語学学校に通いながら調査・出願
行きたい大学やコミュニティカレッジがまだ決まっていない場合に,まず現地の語学学校に入って準備をしながら進路を決めて出願・入学する。語学学校と大学・コミュニティカレッジの提携関係に依存しない為,進学できる絶対的な保証はないが,進学先を語学学校の地域に限定しないで選ぶことができる。ほとんどの語学学校にいる進学カウンセラーが情報提供・指導をしてくれる。


海外 コミュニティカレッジ 大学 留学

留学したい大学・コミュニティカレッジを決めたら,以下のポイントを押さえて出願準備をします。一つ一つ大事なことですので,理想の進学先を目指して取り組みましょう!
出願書類・エッセイ
入学願書に必要事項を記入・提出します。ここで日本と違うのは,成績やテストの点数ではなく,あなたがどんな人で,これまで何をやってきて,これから何をやりたいのかを読み取る為の,エッセイ(作文)が非常に重視されるということです。じっくり自分の内面と向き合って臨みましょう。このプロセスは,現地で留学生活が始まった後にも効いてきます。
成績表
日本と同じように,海外の大学・コミュニティカレッジに進学する際も,高校の成績証明書を取り寄せて翻訳・提出する必要があります。但し,海外(特に英語圏)では,より多くの生徒に門を開き,入ってからしっかり学んで欲しいという文化がある為,余程のトップスクールでない限り,成績の良し悪しはそれ程問題ではありません。当然入ってからしっかり勉強する訳ですが,多くの生徒にポテンシャル実現のチャンスをまず与えるという考え方は,あなたの留学の夢を後押してくれる要素です。
TOEFL等の語学力テスト
外国からの留学生は,通常TOEFL等の語学力テストで一定レベル以上の点数を取ることが要求されます。学校によっては,語学力テストを免除したり,条件付入学を許可したりするケースもあります。いずれにしても,授業についていける十分程度の語学力に入学時までに持っていけるように,しっかり準備されることをお奨めします。
財政証明
留学生に授業料や現地での当座の生活費を賄えるだけの資金があることを証明する為に,本人・ご家族の貯金残高証明書等を提出する必要があります。これは後に各国大使館で学生ビザを発給してもらう際の許可条件とも関係しています。

大学ランキング(外部サイトへのリンク)
タイムズ・ハイヤー・エジュケーションQS:大学関係者や教授陣の相互評価を主体としたランキング(全世界,地域毎や専攻分野別の順位もあり)
USニュース&ワールドレポート:学校関係者の意見と入学難易度,就職状況等を評価したランキング(アメリカ全土,地域毎や専攻分野別の順位もあり)

                     











カウンセリング予約
資料請求
メール相談

お問い合せ



| 個人情報保護 | 採用情報 | 会社概要 | 申込書・サービス約款 | なぜ無料? | 海外留学·ワーホリQ & A |
Copyright © Dynaphil Group, Inc. All Rights Reserved.