後輩くんが、書式設定したセルを一生懸命頑張ってF2押してエンターを繰り返し実行していたので。 状況 列に対して書式設定していたが、個別のセルの表示が変更- されない。 セルを選択してF2からenterキーを押すと反映される。 ダブルクリックからenterでも同じ。 Excel で特定の種類の数値を文字列として処理する場合は、数値形式の代わりに文字列形式を使用できます。 たとえば、クレジットカード番号、または16桁以上の数値コードを使用している場合は、テキスト形式を使用する必要があります。 特に、勝手に書式が変わる件は、csvをExcelで扱う時の定番問題なので、ググるといろいろヒットします。 基本的な対策としてあげられているのは、外部データの取り込みのテキストファイルウィザードを使うというもの。 Excelは入力されたデータから、自動で書式を設定する機能が備わっています。 シングルクオーテーションを文頭に入れると、入力したデータは文字列扱いとなるため書式が変わらずに表示されるわけです。 セルに数字を入力した時に、エクセルの表示形式(文字やセルの色などの書式)が勝手に変わる場合があります。こんなおせっかい機能を無効にする方法を紹介します。また、勝手に書式が変わってしまう条件(仕様)についても解説。 今さらながら、Excel2007の余計な機能に悩まされました。文字列を返す式をセルに入力すると、表示形式が勝手に「標準」から「文字列」に切り変わります。 この時点では計算結果を表示していますが、数式を編集するとただのテキストの式になって計算が行われません。