とすると、2つのファイルがコンパイルされ、できたオブジェクトファイルがリンクされ、実行可能ファイルが作られます。 あるいは、最初に「-c」で、func.cとfunc_test.cを別々にコンパイルし、func_test.objとfunc.objを作り、それから Visual Studio CodeでC言語をコンパイル・ステップ実行するための手順や設定を、図入りで説明しています。Windowsを対象に書いていますが、gccを使っていますので、MacやLinuxでも通用するかも知れません。Visual Studio Codeの情報探されている方にはお役に立てると思います。 ヘッダファイル(英: Header file)は、特にC言語やC++でのプログラミングで使われるファイルであり、一般にソースコード形式をしていて、コンパイラが別のソースファイルの一部として自動的に展開して使用する。 以下ウィキペディアより. Nous voudrions effectuer une description ici mais le site que vous consultez ne nous en laisse pas la possibilité. ただし、c言語ではソースファイルとヘッダファイルの役割が決まっており、その役割に従った上で「ヘッダファイルをインクルードするようにしようね!」という暗黙のルールがあります。 そのため、基本はヘッダファイルをインクルードすることです。 c言語の開発ではヘッダファイルというファイルが欠かせません。このヘッダファイルの役割って何なのかご存じですか?ヘッダファイルが一体何の役に立っており、どのように作るべきなのかを学びま … ceマーキングのコンサルティング・認証サポートを行うテクノロジー・インターナショナル・ジャパン(tij)が、ceマークについてご説明。納期厳守・低コストでのマーク取得をお約束します。 c言語を勉強する上で必ず使うことになるコンパイラの使い方や、コンパイルについてわかりやすく説明しています。 具体的にオフライン型のコンパイラや、オンライン型のコンパイラなどについてもまとめ … 分割コンパイルをする場合、g++のコンパイラオプションの「-c」を付けます。これは「後に続く.cppだけをコンパイルしてね」というフラグです。ただ、分割でコンパイルするわけですから、当然実行ファイルは出力されません(作れませんので)。 まずex1.cとf.cを別々にコンパイルしてみましょう. はじめにex1.cを-cオプションを付けてコンパイルしてみます. % cc -c ex1.c するとex1.oというファイルが生成されます. 次に同様にf.cを-cオプションを付けてコンパイルします. % cc -c f.c 1、2、3それぞれのソースコード、ヘッダファイルの名前を次のようにします。 prog1.cpp, prog1.h; log.cpp, log.h; conf.cpp, conf.h; それぞれをコンパイルして出来上がる中間ファイル、オブジェクトファイルは以下になります。 prog1.obj log.obj conf.obj この三つです。