仮想ハード ディスクを拡張しても、仮想マシンで追加領域をすぐに使用できるわけではありません。追加された領域を使用可能にするには、ディスク管理ツールを使用して、拡張されたサイズに一致するように仮想ハード ディスク上の既存のパーティションのサイズを増やす必要があります。 どうでしょう。きっかり、HDDの後ろの方が未割当領域になっています。 (画面はzorin OSだけど気にしないで!きっと、Ubuntuでも一緒だから ><;) VMware から GParted の起動. Windowsの場合、デフォルトの機能として「ディスクの管理」があります。 これで十分ならばOKなのですが・・・ 拡張や縮小がパーティションの制限で出来ない パーティションの開始位置が変更出来ない など、どうも上手く調整が出来ないときがあります。 これを解決するために、パーティシ… BIOS から GParted Live CD を起動し設定をパーティションを拡張します。 VMware でディスクブートを行うには BIOS 画面で ESC キーを押して Boot Menu を開けば良いのですが、 デフォルト設定だと画面が一瞬しか表示されずタイミングが非常にシビアです。 また、ESC を連打 … ディスクの拡張後、一度OSを再起動させる。 2.パーティションの拡張. 次に、fdiskを使ってパーティションの拡張を行う。 やってることは簡単で、一度既存のパーティションを削除し、その次に各パーティションを作り直しさせているだけだ。 VMware Player 7を使っています。ゲストOSとしてUbuntu 12.10をインストールしています。 ゲストOSのハードディスク容量が少なくなったため、ディスク容量を拡張したいです。 まず、VMwareの「仮想マシン設定」⇒「ハードディスク」で容量は拡張 Stackoverflowでこんなスレッドを発見しましたが、やはりディスク容量の拡張はGPartedを使うほうが簡単だと思います。 僕の場合は、ホストOSがWindows 7で、ゲストOSがCentOS 6.5。しかし、この方法は大体のUnix系OSで実施できると思います。GPartedが動けるなら。 VMware Playerで、Ubuntuを入れて使っています。 当初20Gの容量を割り当てていましたが、いっぱいになったので、VMwareのハードディスクを、30Gに広げ、Ubuntu側でGPartedで拡張しようと思いましたが、ディスクの頭から19Gがユーザ領域sda1で、その後にswap領域が割り当てられていて、このス … Ubuntu をHDDにインストール直後のUbuntuには、GPartedはインストールされていないようです。 そこで、Ubuntuソフトウェアセンターから「gparted」で検索し、インストールします。 インストール後、起動してみます。 GParted の使い方、リサイズ、クローン方法 そこで、今回利用するのはGPartedです。Windowsで言う「ディスクの管理」の機能です。 状態を確認する. VMware Player の仮想ディスクが手狭になったので、容量を拡張しました。スナップショットの削除やら、ディスクパーテーションの拡張やら、久しぶりにいろいろ作業をしましたので、手順を記しておきます。 ※ 2012/1/23 記事最新化。今さらながらやっと完成。 ディスクの交換については、ディスクの交換手順をまとめてみた(LVMパーティション&fdiskによるパーティション拡張編) で解説しています。 VMWareでのディスク追加は、VMWareでハードディスク増設 で解説しています。 基本的な手順は、VMWareの時と同じです。 北浦訓行 2010/4/21 ... USBメモリ版のFeodraやUbuntuを使用する GPartedの操作は、Windows VMware上のUbuntuサーバでDockerのイメージを色々作っていたら、ディスク容量がいつのまにか少なくなっていたので、ディスク容量の拡張を行いました。 構成 Ubuntu 12.04 ※上記のサーバはVMware ESXi 5.1上で動作しています。 VMware サーバを停止 サーバのハードウェアを追加するた… GPartedでパーティションを操作するには・改 . 「GParted Live CD」は「GParted」専用のものではありません。 他にも有意義な使い方があります。 ただし、「GParted」メインに考えられていることは間違いないので、 「GParted」以外の操作は、「Terminal」によるところが大きいです。 VMware Playerで、Ubuntuを入れて使っています。 当初20Gの容量を割り当てていましたが、いっぱいになったので、VMwareのハードディスクを、30Gに広げ、Ubuntu側でGPartedで拡張しようと思いましたが、ディスクの頭から19Gがユーザ領域sda1で、その後にswap領域が割り当てられていて、このス … まず、Ubuntuが起動していない状態で、VMwareでの設定をする。 20GBを30GBにしてみた。 Ubuntuを起動して、Gpartedを起動する。 10GB拡張したわけだが、使用中の19GBと新たな未割り当ての10GBとの間にextendedってのが挟まってて、19GBの領域を拡張できない。 VMware上のUbuntuサーバでDockerのイメージを色々作っていたら、ディスク容量がいつのまにか少なくなっていたので、ディスク容量の拡張を行いました。 構成 Ubuntu 12.04 ※上記のサーバはVMware ESXi 5.1上で動作しています。 VMware サーバを停止 サーバのハードウェアを追加するた… この例のように入力した場合、Ubuntu_testのHDD容量が20GBに変更されます。 以上でとりあえず容量は変更できました。 しかし仮想環境内で新しい領域を使う設定が必要です。 2 UbuntuでHDDのパーティション操作 2.1 GPartedのインストールと起動 GpartedはGNOMEで動作するパーティション操作ツールです。ライブLinuxのGparted Liveを使えば、CDから起動してWindows PCのパーティションを操作することもできます。Gpartedはデバイスの検出と操作、パーティションテーブルの編集にlibpartedを利用していますが、libpartedが未対応のファイルシ …