5年前に別れた相手に子供二人に対して、月額10万円を養育費として送っていました。その後、相手は私に対して、再婚はしていないと言っていたのですが、戸籍を調べたところ4年前に再婚し子供達は、養子縁組を交わしていることが、判り また、養子縁組していることに気がつかず養育費を払い続けていた場合、払いすぎた分の返還請求はできるのでしょうか? 本コラムでは養育費の返還請求ができるのか、減額・免除を受けるにはどうすれば良いのかなどを、弁護士が解説します。 父または母が再婚すると養育費はどうなるのでしょうか?特に、再婚相手と子が養子縁組すると養育費への影響が大きいです。また、再婚相手との間に子が生まれた場合は?ケース別に解説します。 妻の連れ子との養子縁組を今すぐ解消したい。 妻と結婚して数ヶ月で離婚しました。妻とは夫婦関係の実態もなく、妻の連れ子との間に親子関係はありません。しかし、離婚後も養子縁組の解消を拒まれ、連れ子の生活費や養育費を払わされています。 状況 元妻が数年前に再婚し、再婚相手が依頼者の実子と養子縁組していることが発覚しました。養育費の支払いに疑問を持った依頼者が、当事務所にご相談にいらっしゃいました。 活動 当事務所の弁護士が妻に対して接触を図り、養育費の […] 【成功事例】減額請求調停で養育費は0円に、未払いは和解にて精算(再婚 養子縁組あり) 2019年03月26日 【成功事例】調停2回で成立、暴言・脅迫への恐怖と諦めの葛藤の中で(離婚母子家庭) 元妻(元嫁)の再婚相手の男性があなたの子どもと養子縁組をした場合 には、養親にも養育義務が発生しま … 親権者が再婚し、新しい配偶者と子供が養子縁組をした場合も減額できる可能性があります。 養子縁組がなされると、子どもに対する扶養義務は第一次的には養親が負うことになります。なお、この場合であっても、実父(前夫)の扶養義務がなくなるわけではなく、養育費の分担額を減額でき得る事情変更があったと考えられます。離縁については、弁護士にご相談ください。 親権者が再婚する際、未成年の子供と再婚相手との間で法的に親子関係を発生させたい場合は養子縁組する必要があります。 養子縁組には普通の養子縁組と、子供が6歳未満の場合は更に戸籍上実子に近くなる「特別養子縁組」という制度があります。 1.3 自分が再婚し、養子縁組したことを隠して養育費をもらっていたらどうなるか? 1.4 閲覧制限をかけていたらどうか; 2 養育費の未払いについて; 3 養育費のほかに大きな出費のある場合は相手方と協議し … 1.3 自分が再婚し、養子縁組したことを隠して養育費をもらっていたらどうなるか? 1.4 閲覧制限をかけていたらどうか; 2 養育費の未払いについて; 3 養育費のほかに大きな出費のある場合は相手方と協議して … 妻が再婚したら養育費は支払うべき? 【目次】 子供と再婚相手が養子縁組している場合; 子供と再婚相手が養子縁組していない場合; 子供と再婚相手が養子縁組している場合(1) 子供と再婚相手が養子縁組している場合は、養育費を支払う必要はありません。 鹿児島で離婚に関するお悩みをお持ちの場合は、1人で抱え込まず、離婚に詳しい鹿児島の弁護士法人グレイスへご相談ください!初回相談30分無料です。女性スタッフが丁寧に対応致します。離婚相談は、早期に弁護士といった専門家に相談することで離婚問題を解決することができます。 養子縁組をしていないという虚偽の情報のせいで申し立てが遅れたので 過去まで遡って養育費の返済請求をしている、と。 これって可能なのでしょうか? 再婚、養子縁組したら養育費をもらってはいけな … 養育費を受け取る側が、再婚をした場合に、養育費の額が減ったり、養育費を受け取ることができなくなるのかどうかについて、滋賀の離婚弁護士が解説をしています。子どもと再婚相手が養子縁組をした場合には、養育費を受け取れなくなる可能性があります。 状況 元妻が数年前に再婚し、再婚相手が依頼者の実子と養子縁組していることが発覚しました。養育費の支払いに疑問を持った依頼者が、当事務所にご相談にいらっしゃいました。 活動 当事務所の弁護士が妻に対して接触を図り、養育費の […] 養子縁組した養親に資力がない等の理由によって充分に扶養義務を履行できないときに限って、実親は扶養義務を負うことになります。養親の収入で養育費をまかなえない場合、実親に対して、養育費の請求ができます。離婚問題専門の弁護士が解説いたします。 養育費は双方の収入から算出されます。 親権者の収入が離婚時より増えている場合、算定表に基づいた金額の見直しを行うことができます。 親権者が再婚をした. もし、再婚した場合、養育費はどうなるでしょうか??再婚相手と子供が養子縁組をした場合、養父に扶養義務が生じるため、元夫の養育費の支払い義務がなくなることが多いようです。※養父の収入が極端に少ない場合を除くただ、子供が養子縁組をすれば、直ちに この点、養子縁組をしたと同時に、当然に養育費の支払義務が無くなると考えると、知らずに支払っていた金額の 返還を求めることになります。 しかし、実務の多くはそのように考えておらず、近時の東京高裁平成28年12月6日決定では、 養育費の減額請求ができる可能性としては以下の5点 です。 ①今夫と子どもが養子関係になった. 養育費の支払いを定めた家事調停調書に基づく強制執行について、債権者と再婚した者と養育費の対象となっている子が養子縁組の届出をしたことは、請求異議の事由に該当しないした平成16年12月27日東京地裁判決ですが、判例時報・判例タイムズには掲載されなかったようです。 これまでのコラムでは、養育費の決め方について問題となるいくつかのケースについてご説明しました。しかし、一旦養育費の取り決めをしても、離婚後の生活状況の変化によっては、当初定めた養育費の金額を変更するべきではないかが問題となるケースもあります。 質問 - 養育費についての質問です。 元夫から毎月4万円の養育費をもらっていました(子供現在13歳で、1歳からです)。相手方 - L3。JustAnswer でこの質問への回答やその他法律に関する質問を検索。