身元保証書を提出するときは、身元保証人の署名と実印が必須です。身元保証人が捺印に使用した実印の印鑑証明を提出する場合もあります。 身元保証書に不備があった場合、入社する会社だけでなく、身元保証人に迷惑がかかってしまうこともあります。 就職試験や面接を受け、いざ採用となった時、本人や身元保証人の印鑑証明書を要求されることがあります。印鑑証明書は非常に大切な書類で、提出時を求められた時はその用途を確認しておいた方がいいでしょう。福岡県の労働相談のページに「身元保証人の印鑑証 5 身元保証人の印鑑証明書 身元保証書と一緒に保証人の印鑑証明書を提出させる会社があります。これは、採用予定者が架空の人物を仕立てて身元保証書を作成することを防ぐ狙いがあります。 (1)入社申告書(本人印)(2)誓約書(本人印)(3)身元保証書(本人印+保証人2名の印)入社にあたり、以上の3種類の書類の提出を求められていますが、いずれも実印を押すべきなのでしょうか?(今のところ、印鑑証明書の提出に 身元保証人を頼まれました。就職の際に身元保証人を1名か2名用意して身元保証書に実印で押印し印鑑証明書の添付を求めてくる会社が多いみたいです。実印や印鑑証明書などを、いくら就職のためとはいえ、渡すのは少し不安になります。今 シャチハタはインク浸透印。三文判は出来合いの安い判子。判子に関する表現はややこしく、実はよくわからないまま社会生活を送っている人もいるのではないでしょうか。シャチハタ、認印、実印の3つの違いの他、関連した表現として三文判や銀行印についても簡単に解説していきます。 身元保証書とは何か?入社の際、企業から身元保証書の提出を求められます。それは、入社する人物の人柄を身元保証人に保証してもらうことで、万が一、契約者が企業に何らかの損害を与えた場合、身元保証人にも賠償責任を負ってもらうためです。