自己pr・長所を作るときのポイント 気配りとは 「気配り」とは、あれこれと細かく気を使うことです。「思いやり」「優しい」「気遣いができる」「気が利く」「穏やか」「おおらか」「相手の立場になって考える」なども同じ強みとなります。 エントリーシートや面接の自己prにおいて、気配りをアピールしようとする学生は非常に多く見られます。気配りができることはどんな仕事にも役立つ能力なので、その分題材にもしやすいのです。 しかし題材にする人が多ければ、その分個性を出すのも難しくなります。 協調性や気配り、チームワークなど、自分の人となりにおける強みを自己prに書きたい時はどのように書けばいいのでしょうか?今回はこうした「他人に関わる力」を上手にアピールするための自己prの書き方を伝授します。 【気配りの自己pr】ポイント①「気配り」を言い換える まず最初のポイントは、自己PRで気配りをアピールする時は「気配りができる」という表現ではなく、「相手の立場に気を配り、信頼関係を構築できる」や「周りの状況を的確に判断できる」などと言い換えて伝えるようにすることです。 こんにちは!@かとさんです。 気配りや思いやりは長所のなかでも、ふわっとしていて、伝え方を間違えてしまうと面接官の印象を悪くしがちです。 でも大丈夫!以下から紹介する4つのポイントを守れば今までよりもぐっと心に響く、あなたオリジナルの自己prを完成させることができます。 の言い換えが「気配り」だと思うけど。 大事なのは、表現方法よりも具体的な裏付けと、企業にとっての有用性だと思うよ。 ナイス 2; 違反報告. tab*****さん. 2012/4/19 19:34:17.