ここで、民法上規定されているにもかかわらず、その契約を考える際に別の法律をよく使うものもよくあります。 たとえば不動産の賃貸借契約。 民法の規定はあまり使われず、もっぱら借地借家法が使われ … 民法が改正されるとニュースなどで話題になることが多くなりました。 明治時代(1896年)に制定された法律である民法が120年ぶりに大きく変わるといわれています。 2017年(平成29年)5月26日、民法改正案(民法の一部 … 賃貸借の対抗要件を備えた賃貸不動産が譲渡されたときには,原則として,賃貸人たる地位は譲渡人から譲受人に移転することが明確化されました(605条の2第1 … 1.賃貸借の対抗要件が備わっているとき. およそ120年ぶりとなる民法の改正を踏まえて、国土交通省は「賃貸住宅標準契約書」の再改訂を行った。どのような改正点があったのか。同省 住宅局住宅総合整備課賃貸住宅対策室にポイントを伺ってきた。 借地借家法38条 定期建物賃貸借 期間の定めがある建物の賃貸借をする場合においては、公正証書による等書面によって契約をするときに限り、第三十条の規定にかかわらず、契約の更新がないこととする旨を定めることができる。