「婦宝当帰膠」の製造責任者の張先生に工場の中を案内していただきました。 この工場では、生薬の段階から完成まで、全てコンピュータで管理されているそうです。ちょうどボクたちの工場見学に合わせて「婦宝当帰膠b」が製造されていました。 正確には漢方薬ではなく中成薬(ちゅうせいやく)です。. 中国・武漢のビンに入ったシロップ様の液体の漢方薬です。 (ハチミツの様な味がします。) 3~4ml を熱湯にて薄めて一日3~4回紅茶の様に服用。 <婦宝当帰膠で喜んで頂けた症状> ・ 冷え性 寒気 寒がり 今回は婦宝当帰膠の最新研究についてお話します。 去る5月26日に日本中医薬研究会が主催の学術シンポジウムがありました。その際に中国・武漢の曾凡波教授より婦宝当帰膠の最新の研究発表がありまし … 更年期障害の療法は京都の漢方健伸堂薬局へご相談ください。中国漢方、煎じ薬、漢方エキス剤、生薬、民間薬、機能性食品など、漢方のことならなんでも揃えています。 中成薬とは現在の中国の伝統医学である中医学(ちゅういがく)をベースとして作られたお薬になります。 婦宝当帰膠、当帰養血精、婦人宝の主成分の「当帰(とうき)」。 現代の研究で、この 当帰には揮発性の成分が多い ことが分かっています。 揮発性の有効成分が多いため、長時間煎じるには向かない生薬で … こんにちは。 土屋薬局 中国漢方通信の土屋幸太郎(薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員A級)です。 前回の「イスクラ婦宝当帰膠を製造している中蓮薬業集団」の続きの話です。 <2006年11月4日 武漢・中蓮製薬薬業で> 曾先生の講義が始まります。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、どこで製造されているのですか? 現在は、中国湖北省 武漢市の当帰養血膏(商品名:阿帰養血糖漿)製造の トップメーカー、中聯製薬廠で製造されています。 婦人宝®(小太郎漢方製薬)は、イスクラ産業の「婦宝当帰膠」、八ツ目製薬の「当帰養血精」と生薬構成成分は同じで、しかも安心の日本製です。「不妊症」「冷え症」「貧血」「生理痛」「生理不順」「更年期障害」など女性特有の諸症状に最適なシロップ剤です。 婦宝当帰膠の生まれは中国の武漢! 若手の研修旅行をしようという話が合ったのは2017年のはじめ頃。タイミング良く婦宝当帰膠の工場見学も行程に組み込まれることになりました。 婦宝当帰膠を当薬局も信用して販売しているのですが。 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)と養命酒(ようめいしゅ)の違い・それぞれの特徴についてご紹介しています。婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、当帰(とうき)を主成分とする甘くて美味しいシロップ状の漢方薬です。 2017年10月に日本中医薬研究会の青年団が研修のため、中国の武漢に行ってきました。 武漢では、湖北省中医院(病院)での研修や、婦宝当帰膠の製造工場である国薬集団中聯薬業有限公司の見学、亀鹿仙原料の養殖池である京山盛昌水産養殖専業合作社の見学などを行いました。 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)はどんな漢方薬? 婦宝当帰膠はイスクラというメーカーが作っている漢方薬です。. 11月4日は婦宝当帰膠を製造している武漢中聯薬業公司の本社を訪問しました。孫月英董事長以下、主要幹部の歓迎を受け、婦宝当帰膠の製造方法、最新の臨床研究などについて教えていただきました。 補血作用のある当帰がたくさん入った婦宝当帰膠。毎月生理で血液を消耗している女性には欠かせない漢方薬です。この婦宝当帰膠、日本で発売されて今年で40周年を迎えます。当帰をはじめ9種類の生薬でできたシロップ状。黒糖が入っている甘くておいしい漢方薬で、お肌にもいいです。 婦宝当帰膠を投与することで増加することが分かった。 このことから抗ガン剤、放射線療法を行っている場合の補助剤として 婦宝当帰膠が使える可能性があるそうです。 ③ 婦宝当帰膠は 免疫力(病気を治す力)を上げ、身体の抵抗力を強化する。 ↑婦宝当帰膠以外にも(他のイスクラさんの商品や中国国内で保険治療で使う漢方薬など)製造している国家企業。 研究室などもありました。 最強の補腎薬、「亀鹿仙」の亀の養殖場へ見学に行ってきました。 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)を製造するイスクラ産業が特徴や効能効果、容量、添付文書などの公式情報を掲載しています。数千年の歴史を持つ「中医学・中成薬」理論に基づき、漢方の医薬品をお客様にご提供しています。