こんにちは、かじです。 今回は膝のお皿(正式には、膝蓋骨=「しつがいこつ」と呼びます)のケガについてお話しします。 ヒビと骨折の違いや手術になる場合の見分け方も説明していきます。 「sports medicine library」は、2001年から雑誌「コーチングクリニックに連載され、その後ザムストブランドサイトに掲載し、多くの読者を集めたコンテンツ「スポーツの鉄人に聞け」を最新の情報に刷新・改訂したものです。自分のカラダのこと、スポーツのケガについてもっと良く知りましょう。 アキレス腱断裂; アキレス腱断裂の治療(手術とリハビリテーション) ... もう1つは骨付き膝蓋腱(しつがいけん)という、膝のお皿のしたにある腱を使用するものです。 どちらの手術を選択するかはスポーツ整形外科の診察時にお話があります。 手術は内視鏡にて行われます。 4 この方、両膝の膝蓋腱を断裂されているんですね。 1度目は2000年に右膝の膝蓋腱を断裂。 20ヶ月のリハビリを行い、 2002年の日韓ワールドカップで出場。 ブラジル代表優勝。 そして得点王獲得。 そして2008年に左膝の膝蓋腱を断裂。 膝のお皿を打ち付けて骨折してしまった。この先どんな治療を行うのか、リハビリはどれくらい行うのか、回復はいつになるのかと、不安を抱える人は非常に多いでしょう。ただ、膝蓋骨骨折は予後の良いケガですから、適切な治療・リハビリを行えば、しっかりと完治させることは可能です。 よって手術は膝周辺の腱(けん)を切り取って靭帯の代わりにする「再建手術」が行われます。 例え靭帯が断裂しても、患部をしっかり固定しつつ膝周りの筋肉を鍛えることで日常生活や軽めのスポーツ程度なら問題なくできるようになります。実際に手術まで行うのは、プロのスポーツ選手� 膝蓋腱損傷は、膝蓋腱が断裂してしまう状態で、膝蓋腱は、膝蓋骨から脛骨までをつなぐ部分です。 膝蓋腱が断裂してしまう主な原因としては、急激に膝を伸ばそうとした力が働いた時に、膝蓋腱が筋力に耐え切れなくなることによって断裂することが多いです。 「sports medicine library」は、2001年から雑誌「コーチングクリニックに連載され、その後ザムストブランドサイトに掲載し、多くの読者を集めたコンテンツ「スポーツの鉄人に聞け」を最新の情報に刷新・改訂したものです。自分のカラダのこと、スポーツのケガについてもっと良く知りましょう。 腱板断裂は肩関節の痛み、腕が上がらない等の症状をきたす疾患で、中年以降の方に多く発生します。腱板断裂が発生すると、肩の力が弱くなったり、洋服の着脱が困難になったり、痛みのために眠れなくなったりすることがあります。 4.膝蓋腱断裂 膝蓋腱断裂は、膝蓋腱を打撲で強打したときや、膝蓋腱に急激な牽引力が働いて起こります。 この損傷は、純粋な外傷により起こることは少なく、膝蓋腱の耐久力が脆弱になるような基礎疾患が関連しているケースが多いようです。 手術療法には靭帯修復術と再建術の2通りがあります。 上記理由から手術適応は前十字靭帯損傷が最も多いのですが、十字靭帯の治療は自家組織(ハムストリング腱や膝蓋腱など)を用いて再建術が一般的 … 「靱帯断裂」って普通の人はどのくらいの期間で治しますか?高橋大輔選手は1年4カ月で治したと聞いたことがあるのですが…これは早いのですか?今日中に知りたいです!授業のスピーチで使うので… よろしくお願いします! 全治までに「i度(軽症)」の倍ぐらいの期間である6週間かかります。 iii度(重症) 肉離れで最も重い症状なのが「Ⅲ度(重症度)」です。 筋肉が完全に断裂していたり、もしくは部分断裂を起こしている肉離れ …