交通事故に巻き込まれた場合や、お店の商品や備品を傷つけられた場合には、損害賠償金を収受することがあるかと思います。 損害賠償金の消費税の取扱いは不課税取引だと思っている方が多いかもしれま … この間、当社の従業員が車両事故を起こしました。その修理費用についての質問です。前提として、修理車両は当社の車。飛び石によるフロントガラスの破損なので相手先に対する損害賠償請求はございません。支払った代金は、フロントガラス この間、当社の従業員が車両事故を起こしました。その修理費用についての質問です。前提として、修理車両は当社の車。飛び石によるフロントガラスの破損なので相手先に対する損害賠償請求はございません。支払った代金は、フロントガラス 事故の修理代金が保険金で賄われるとき、保険金が直接修理会社に入金されることがあります。こんな時は、なにも仕訳をしないこともありますが、したほうが消費税の納付時にお得になることがあります。 免責がある場合の仕訳について。 修理しない場合の修理費用にかかる消費税 - 滋賀県・彦根市,長浜市,米原市,東近江市,近江八幡市等の交通事故・後遺障害対応の弁護士 石田法律事務所 修理は自分自身で行い、別途損害賠償金をもらう場合です。 この場合、損害賠償金をもらってから修理。損害賠償金が消費税対象外なら修理代も消費税対象にするとまずいのでは?と思ってしまうでしょうか。 これは、そうではなく、全く別個で考えます。 車両損害 実際は修理していないのに消費税分も損害と認められるか|osakaベーシック法律事務所による情報量最多レベルの弁護士交通事故専門サイトでは法律相談(初回1時間無料)を受付けています。賠償金、後遺障害、慰謝料、保険金などの保険会社との交渉もお任せ下さい。 自動車保険で免責金額を設定している方は消費税10%の増税に伴い、免責金額に消費税がかかるのか気になりますよね。今回は、自動車保険の免責金額や保険料に消費税はかかるのかについて詳しく解説します。また、事故や修理などで受け取る保険金は課税対象になるのかについても紹介します。 受け取った損害保険料で修繕を行った場合 損害保険会社からもらった保険金(100万円)で事故車両の修繕(100万円)を行った場合における消費税の課税関係を考えます。 まず、事故車両の修繕から考えると、破損した車両を直してもらう行為は消費税の課税対象となります。 先日、プジョー106s16の「もらい事故」とその修理に関するcar life blogを書いたところ、記事を読んで下さった方から「保険修理」に関する処理について教えて欲しいとの問い合わせを頂きました。 確かに、保険が絡むと処理 交通事故などで被害者が、損害賠償金や治療費、慰謝料などを受け取ることがあります。 事業者が損害賠償金を支払ったり受け取ったりした場合、原則、消費税は課されません。それは損害賠償金の授受が「対価を得て行う資産の譲渡」ではないからです。 モヤモヤしよう!(同業者向けですm(_ _)m) (修理代金と保険金と消費税) まずは基礎 これだけは押さえておいてね。 ①修理代は お客さんと 修理工場との関係 ②保険金は 被保険者と 損保会社との関係 ③消費税は 消費者と 国税庁との関係 さて、①の関係で消費者が消 修理しない場合の修理費用にかかる消費税 - 滋賀県・彦根市,長浜市,米原市,東近江市,近江八幡市等の交通事故・後遺障害対応の弁護士 石田法律事務所 修理をしない場合には,被害者に修理工場に対する消費税支払義務が発生しないため,修理をしない場合にこれを修理代相当額として認めてしまうと被害者に利益となってしまうため,損害賠償ではなくなってしまうことがその理由です。 参考にして下さい。