節税の方法はいろいろ示されていますが、株売買においての節税も忘れたくないところです。儲けた人も、損した人も増税ムードの時代だからこそ、賢く節税していきましょう。ちょっと賢い「株」の確定申告の方法をご紹介します。 確定申告をはじめて対応する方は、そもそも自分が対象かどうか分からないですよね。ここでは、お給料以外に、株式の譲渡(売却)があった場合に、知っていて損はない確定申告の情報をお伝えします。 当記事では、株式譲渡した際の確定申告についてまとめています。株式譲渡を実施した際にかかる税金や確定申告時の必要書類・確定申告書類の書き方などを解説しているので、株式譲渡の確定申告について詳しく知りたい方は参考にしてください。 源泉なしの特定口座を利用している場合、株式等の譲渡益が年間20万円以下であれば確定申告は不要です。節税のために源泉なしの特定口座を選択される方もいらっしゃると思います。しかし譲渡益が20万円以下でも申告しなければならない わずらわしい確定申告を行う必要もないので初心者にはおすすめの口座です。 年間の利益が38万円以下でも確定益には必ず20.315%の税金が掛かる事に注意が必要です。 ただ、その時は確定申告をすれば税金が戻ってきます。 まず、原則的には1年間で株と株式投資信託の損益を通算して譲渡益が20万円を超える場合(給与所得者で年末調整をした場合)、他に所得がない人の場合は譲渡益が年間で38万円を超える場合は確定申告が必要になります。 確定申告が不要な場合でも、あえて確定申告をすることでおトクになることもあります。 1つ目のケースは、株式取引で損失が出たとき。 損が出たときは、損益通算と損失の繰越控除という制度を使って、税金負担を軽減することができるんですよ。 株式投資で得た利益には、20.315%の税金がかかります。 内訳は、所得税15.315%、住民税5%で、 原則として確定申告をしなければなりません。 しかし、次のような場合は確定申告が不要になります。 一番わかり易いのは、専業主婦です。株式譲渡益100万円を確定申告すれば扶養控除対象ではなくなります。幼いお子様がいれば幼稚園などの負担額が上昇することもあり、ほぼ確実に負担増につながりま … No 名称 容量; 1: 申告書B : 2: 申告書第三表(分離課税用) 3: 令和 年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除用) 株で確定申告が必要なケースってどんな場合.