パナマ運河の歴史 1513 年 スペイン人バルボア、パナマ地峡を横断し、太平洋到達. 万人の労働力も、難工事、疫病等で挫折 1889. 南米パナマ共和国にあるパナマ運河は、パナマ地峡を横断し大西洋と太平洋を結ぶ全長80キロメートルの運河です。 カリブ海のコロンから人造湖のガツン湖を経由し太平洋岸のバルボアに通じています。 パナマは、北アメリカと南アメリカ大陸の境に位置する、カリブ海と大平洋に面する共和国国家です。 中米の地峡を貫くパナマ運河が通り、スペイン植民地時代から重要な役割を果たす場所でもありました。 1855. パナマ運河も、パナマの国土を掘削し、2つの海を運河で結ぼうとしました。 ところが、ここで難題が立ちはだかりました。 パナマ運河が通っているパナマ地峡には、大西洋と太平洋を隔てる山があり、この山を海面下まで掘削することはできません。 年 運河会社設立(フランス人レセップス)海面レベル方式。 延べ. 20.

年 パナマ地峡横断鉄道開通(米国) 1881.