2個の led にかかる電圧はそれぞれ約 2v だね これはまさに led が光るために必要な電圧( 順方向電圧 )だね 抵抗と led にかかっている電圧は led が1個のときと同じだね(「いろんな led を使ってみよう」で測ったね) 並列回路では分かれ道にかかる電圧は同じになるよ

LED(発光ダイオード)を使った回路で必要となる電流制限抵抗の抵抗値の求め方を解説しています。LEDが1つだけの回路と2つ(直列・並列)の場合の計算方法を簡単に説明して、LTspiceを使ったシミュレーションでの確認もしています。 ダイオードやmosfetなどのスイッチングデバイスの理想の動作としては on時は抵抗0、off時は抵抗無限大です。 ですが、現実的に抵抗無限大に設定することはできないため、 psimでは「オフ抵抗」として10mΩの抵抗が並列に接続されています。 発光ダイオードの基本回路. それではダイオードと抵抗を直列に接続した電気回路で、電圧信号と電流信号の変化を考えてみましょう。交流電源uとダイオードd、抵抗rを直列に接続した閉回路を想定します(図1)。 交流電源は正弦波状の電圧を出力します。 そして、ダイオードと同じ極性があり電流を一方向にしか流しません 【問題7】 スイッチON/OFF時の合成抵抗 - MONOist(モノイスト) メディア こんなかんじです。 電源とledを直結するのではなく、直列に抵抗を入れます。 なんで制限抵抗が必要か? とても簡単な話で、ledというのは抵抗と違って電圧をかけていくと電流がガバッと流れる性質だからです。

直列に抵抗を入れても、ダイオードの発熱を軽減する効果は期待できません。 期待できる効果は、ダイオードを並列に使う場合に、電流のバランスをとることで、一方のダイオードだけが高温になることを … ダイオードに直列に抵抗を接続し、その両端に電圧を加えます。 抵抗にかかる電圧とダイオードにかかる電圧をデジタルテスタで測定しました。 そして、計算から流れる電流やダイオードの抵抗値を求めました。 *ダイオードのメーカ名、型番は不明です。